子供の矯正
クリニック案内 スタッフ紹介 矯正歯科 費用 予防歯科 アクセス 診療スケジュール

表側矯正

表側に装置が付く、歴史のある最もスタンダードな治療方法です。 歴史ある治療方法ですが、 装置は改良が重ねられ、現在では装置自体がかなり小さくなり、また弱い力で効率よく歯を動かすことが可能となりました。 それにより治療による痛みも軽減され、治療期間が短くなりました。

【メタルブラケット】 【セラミックブラケット】
【メタルブラケット】
丈夫で壊れにくい金属の装置
【セラミックブラケット】
目立ちにくいセラミックの装置

目立ちやすい上の歯のみセラミックブラケット、下の歯はメタルブラケットとすることも可能です。
(その場合上下セラミックブラケットにするより費用がお安くなります)
目立ちやすい上だけ裏側矯正で、下は表側矯正で行う治療法(ハーフリンガル)もご選択頂けます。

メリット
  • 裏側矯正やマウスピース矯正(インビザライン、クリアアライナー)に較べ、費用が安い。
  • 症例により、他の治療方法より治療期間が短くなる。
  • 発音にほとんど影響がない。
デメリット
  • 装置が見える。
  • 装置による口元の突出感が気になる場合がある。

Pagetop